民俗景観地域は韓民族の生活様式を総体的に観望できるように朝鮮時代の後期の各地方の特有の家屋168棟を移建・復元している。この地域には南部・中部・北部・済州・欝陵島の民家、地域・階層・生業別の伝統家屋・官衙・寺刹・書堂・ソナンダン(城こう堂)・水車小屋・碑閣・平石橋・木橋・一本橋・工房・田・畑、公演場などを移建・復元している。
ジャント(市場)工房の通りで職人20名くらいが陶磁器・ゾリ(笊籬)・籠・笊・ジップシン(草鞋)・韓紙・タル(仮面)・刺繍・楽器・烙画(焼絵)・農機具・紙工芸・家具などの作り方と手順及び材料を見せてくれるのである。
市場の食べ物の通りではビビンパ・カルグッス・冷麺・海産物パジョン等の土俗料理を販売し、商店街では各地方のお土産と記念品を売っている。

民俗景観地域の公演場では一日2回農楽・ノルティギ(板飛び)・綱渡り等を演じて、南部地方の大家(9号)では春・秋 一日 2回伝統婚礼を再現し、様々な節日には各展示家屋で多様な歳時風俗と信仰儀礼、民俗遊びなどを再現・公演しでいる。
便宜施設地域には韓国館・喫茶店・お土産販売店・陶磁器展示販売店・写真館・ベービーカ・フィールチェア貸与所・物品保管所・公衆電話ボックスなどがある。
この区域の飲食店では石焼ビビンパ・ガルビタン・海産物パジョンなどを販売している。 喫茶店では伝統的な人蔘茶・銀杏茶・なつめ茶・カボチャ粥・コーヒーなど季節の味を楽しめることができる。
博物館区域 には多様な民俗資料をより積極的に収集・調査・研究し、民族の文化遺産を教育的に活用して永久に保存するために民俗館と、古美術の資料を中心に開館準備をしている博物館が落ち着いている。
韓国民俗村は世界的な観光名所として、韓民族の民俗資料と文化遺産を収集・保存・研究・展示・教育・交流する野外博物館で、 韓民族文化を短い時間に見たり聞いたり習いながら生活様式を直接体験できる観光地で広く知 られているのである。
見どころ
園内はすごく広いし、見るものも多いので、じっくり見るのには、まる一日かかるが、あんまり時間のない方は、興味深い農楽踊り(11時、15時の2回公演)と綱渡り(11時40分、15時40分の2回公演)のうち一つぐらいの公演は見て頂いて、つぎの見学をした方がよろしい。
◎旅行先名称:民俗村ツアー
催行人員: 1〜5人様まで
(5人様以上の場合はご相談下さい。料金と車種が変わります)
料 金: A.コース:150,000ウォン(民俗村のみ)
B.コース:200,000ウォン(民俗村 + 水原華城、利川窯元のうち一ヶ所選択)
この料金はワーゴン車1台貸切の料金です。即ち1人参加の場合も、5人参加の場合も料金は一緒です
所要時間: A.コース(09:00〜15:00)B.コース(09:00〜17:30)  
この時間は通常的な時間であり交通渋滞により多少変更される場合もあります。
集合場所: 当日08:55ホテルフロントの前(お名前を書いたスティカーを持ってお待ち致します)。
料金に含まれるもの: 貸切ワーゴン(ホテルピックアップ〜該当観光地見学〜出発地へ戻る)料金+日本語話せるドライバ兼ガイド案内
料金に含まれないもの: 通行料、駐車料、ドライバ食事代、昼食代、入場料
追加料金: 該当コースを回る為の時間の追加の場合、追加料金はございません
予約方法: 参加する7日前までeメールにて予約下さい(代表者の英文の名前、eメールアドレス、
有線電話番号、当日ピックアップホテル名などご記入)。
予約回答: 弊社予約センターより早速、お客様の eメールへ返事致します。
予約取消: 予約の取消は円滑な運営の為、3日前までにご連絡下さい。
予約取消料金: 当日の取消のみ100%徴収致します(1日前までは一切なし)
予約メリート: 昼食のメーニューは主に旅行先の名物、季節料理の穴場を開発の上、
ご紹介致します。
ツアー代金の支払い: 現金支払い(ウォン又は円/ 円の支払いの場合は当日レート換算となります)
ご予約は: Eメール予約: info@koreagure.com
FAX予約: 010-82-2-6735-6002
お問い合わせは: ソウルへのフリーダイアル(有線よりかける場合)00531-82-0506
韓国82-ソウル2-電話番号6735-6001(AM09:00〜PM11:00)
ソウルからは: 02-6735-6001携帯011-724-6255
運営責任者: 韓国グルメ.com 閔丙漢(ミン・ビョンハン)