エリア 鐘路・乙支路
フードカテゴリ ■伝統韓定食
こだわり条件

■個室あり   ■日本語OK   ■日本語menu有   ■夜景Good   ■禁煙席あり
■カードOK

朝鮮王朝第26代の王様の高宗の父親であった、興宣大院君 李應(イ・ハウン)の別荘、石坡廊に属する別棟を、現在の場所の洗劒亭に移しできて復元(ソウル市有形文化財23号)してもらた建物を韓定食の専門店に再構成してもらいました。五百余坪の敷地に興宣大院君の別荘、石坡廊を中心に、丘を下って来ますと池と柿の木がある真ん中に旧家屋があります。朝鮮朝末頃に立てられたこの建物は外観の線をそのまま生かして、最も韓国的な伝統美に焦点が合わせてあります。総五十余坪の大きくない、こぢんまりとした規模であるがこちらが専門レストランとして使われてあります。

興宣大院君が愛した美しい別荘 石坡廊
ソウル中心で歳月の重みが感じられる建築物に触れる経験だけてなく、王家と両班(ヤンバン)の気風ある味の経験できる特別な空間です。

朝鮮王家とともにして来た 歴史遺産 興宣大院君の石坡 李應(イ・ハウン)
岩山のすそ野に位置する興宣大院君がこよなく愛していた別荘 石坡廊の舍廊です。大院君が蘭を書くときにだけ使ったという大廳と応接用の部屋などが再現されており、円形や半円形の窓、灰色の煉瓦で外壁を築き、高級で異国情緒な当時の上流階級の建築様式が良く現われています。

都心のなかの伝統文化空間
歴史と風流が調和した由緒のある空間

石坡廊とは韓国伝統料理の真髄を味わえることだけてなく、建築物だけても歴史的文化財的価値の高い空間です。

朝鮮朝、高宗皇帝の即位を記念する「万歳門」
石坡廊には大韓帝国の宣布とともに高宗の皇帝即位を記念するために1898年に景福宮内に建てられた「万歳門」があります。

伝統と真心の宮廷韓食 宮廷水刺
正当宮廷韓食の新しい提案

正当宮廷方式を志向する石坡廊の料理は朝鮮時代王室風情の根幹を成して、伝統文化の価値を増しています。

〈宮廷ランチ料理、4人前をいただいてみると…〉

4人前セッティングのもよう

あっさりした味のエペタイズ料理
..お肉と海産物が一緒たから好き

淡白な味のC泡ムック

蓬のジョンは口にビッタリ

香ばしい松茸料理

エビの料理も美味しがった

九節板の代わりにかわい焼き物の
器にのせてもらえるセンスもよい..

ギンダラ焼きも新鮮

ブルゴギもやはり素晴らしい!
石坡廊 データ
電話番号 02-395-2500  FAX:02-395-0265
住所(韓国語)
住所(日本語)

SEOUL市 鐘路区 弘智洞125番地
交通アクセス

地下鉄3号線景福宮(キョンボックン)駅3番出口から、北の方向へ向かい1.5km進み
、紫霞門トンネルを過ぎると、祥明女子大学前の三叉路の左側

ホームページ http://www.seokparang.co.kr/
営業時間 12:00 ~15:00、 18:00 ~22:00 
カード利用
休 日 旧正月と旧お盆(秋夕)の連休
日本語
日本語メニュー あり
テーブル数 25
座席数 90